AL Notes

ハウステンボスを歩く

訪問:2016.11

ハウステンボス入口

今回は、長崎県佐世保市「ハウステンボス」に行ってきました。

フクロウの森

フクロウの森

本物のフクロウに触ったり、写真を撮ったり、フクロウグッズが買えたりするアトラクション。
但し、ミミズクや白フクロウには触れてはいけない。
また、チケット以外に別途拝観料が必要。

フクロウ

フクロウ

フクロウ

フクロウ

まだ夜ではないので、寝てるフクロウ達。

白フクロウ

そんな中、白フクロウは起きてた。
もう一度撮ろうとすると…

白フクロウのメンチ切り

これが「メンチ切り」っていうのか(゜゜)
生のフクロウにあったことないので、何気に面白かった。

ギヤマンミュージアム

ギヤマンミュージアム

アムステルダムシティにそびえ立つギヤマン(ガラス工芸品)の博物館。
ここに限らず、ハウステンボス内は、マニアックな展示コーナーが多い。
このギヤマンミュージアムでは、中世に作られたとされる世界の貴族的なギヤマンが展示されている。
華やかな光りモノが好きなら楽しめると思った。

デ リーフデ号

デ リーフデ号

ハーバータウン臨海部にそびえ立つオランダ帆船(再現アトラクション)。
かつては陸から眺めるしかできなかったが、船は動かないが乗船できる。

デ リーフデ号

デ リーフデ号

デ リーフデ号

デ リーフデ号

デ リーフデ号

デ リーフデ号

デ リーフデ号看板

但し、夜は乗船できない。

クラゲ

それにしても、デ リーフ号の周りをプカプカ浮かぶ茶色いコブみたいなデカいクラゲたちが、船の用心棒みたくて何かコワかった。

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑入口

パレスハウステンボス

ハーバータウン内にあるハウステンボスの顔の中の顔的存在の建造物。
上画像が、パレスハウステンボス本苑で、下は本苑の入口。
建物の中は、美術館になっている。
夜になると、ライトアップします(詳細は後述)。

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

パレスハウステンボス本苑

ライトアップ時間になると、本苑には立ち入れなくなる。
天気のいい朝から昼のうちに入っときましょう(・・)ノ

秋バラ祭看板

秋バラ祭

限定イベント。
主にアートガーデンには、世界の様々なバラを楽しむことができるというが、ナント、管理人が現地へ行った時は、殆どのバラがつぼみだった。
寒い日だったからか、行った日がたまたま宜しくないタイミングだったのか……
ということはさておき、こんな変わった形のバラが咲いてました。

何の花?

名前は…………

チンチン

「チンチン」!!
名前の由来が、ぶらさがってるからとかだったら名付けた人のセンス疑う!!
そういや、富良野でも変わった名前の花がさいてたなぁ。

フラワーアイスカフェ

フラワーアイスカフェ

アトラクションタウン内にある室内温度-10度のカフェ。
外は堂々とアトラクション名を掲げているが、中は超寒いけど家具やコップなどが氷でできており、幻想的。

フラワーアイスカフェ

フラワーアイスカフェ

フラワーアイスカフェ

フラワーアイスカフェ

フラワーアイスカフェ

フラワーアイスカフェ

別料金で中で飲み物も飲めます(温かい飲み物はコーヒーのみ)。
寒がりにとっては、入る季節と時間を選ぶアトラクションになりそう(^m^;)

ショコラ伯爵の館

ショコラ伯爵の館

アトラクションタウンのフラワーアイスカフェの近くにあるチョコレートに関するアトラクション。
中のパネルには、チョコレートの歴史について記載されており、世界のチョコレートも展示されている。
別途体験チケット(束売りのみ。単品付加)が必要になるが、世界のチョコレートを食べ比べしたり、チョコレートジュースを飲むことができる。

以上、ハウステンボスに行ってみて個人的に印象に残った所をあげてみました。
ハウステンボスは、18時から「光の王国」と化します。
「光の国」については、こちら(^^)/