AL Notes

大糸線でマターリ

訪問:2017.10

長野県に行って参りました。
タイトルだけに2箇所しか回ってないのですが、それでも宜しければ……↓

ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン

受付

ラ・カスラ ナチュラル ヒーリング ガーデン

銀座の美容品ショップ「ラ・カスタ」の工場兼植物園。
入場は、完全予約制。
客層は、20代位の若い女性か老夫婦しかおらず(野郎が行ってもネ……)、のどかな所でした。

入口

花々

花々2

花々3

水飲み場看板

水飲み場

木々から覗く

木々から覗く

庭がとにかく丁寧に手入れされていて綺麗。

メインの建物

建物も上品にメルヘンしてて、何だか乙女ゲームに出てきそうな感じ(←何かもっとマシな表現無かったのか……;)。
この建物は、工場なのですが、

テスターコーナー

工場で作られた香水の香りのお持ち帰りコーナーや、

癒しの鐘

「癒しの鐘」や、

ベランダ

見晴らしのよい白いベランダもありました。

ベランダからの見晴らし

ベランダからの見晴らしは、開放的。

ベランダの真下

ベランダの真下では、野外カフェもやってました。

カフェ

ここで…

カフェで一息

マスカット風味のエルダーフラワーのサイダーとクッキーを買い、ベランダ真下のカフェでマターリ。
このクッキー、花のタネが入ってて、タネのプチプチの食感がクセになる(●^o^●)

花々4

花々5

ラ・カスタの帰り道にも、植物に囲まれて…

魔法陣みたい?

レモンバーベナ

植物の葉の香りを楽しむ所にも遭遇。
レモンバーベナがいい匂いだった。

大王わさび農場

大王わさび農場2

黒澤明映画の水車

大王わさび農場

小糸線に乗車し、穂高駅を下車。そこから、大王わさび農場行きのバスに乗って行ってきました。
思った以上にデカい農場で、一通り見て回るのに思ったより時間かかった。
3番目の画像の水車は、大王わさび農場の有名なスポットでよく出るけど、カヌーに乗らないと見られない仕様になってます(確か1000円以上かかる)。

大王わさび農場では、シュールな銅像達に遭遇してきました。

大王わさび像

遠くから見ると大根かと思ったら、わさびの銅像。

開運洞

「開運洞」という洞窟の中に入ると……

謎の七福神像

謎の七福神像がいたり。

八面大王の見張り台

「八面大王の見張り台」というのに登ってみたら…

太陽の像

「太陽の像」という名前の像に遭遇;

本わさびを持つ女性像

よく見ると、わさび持ってる……。

あと、わさびグルメも味わってきました。

わさびしいたけ茶

このわさびしいたけ茶、美味い(●^o^●)
底に沈んでいるのは、わさび。
最初はしいたけ茶そのものの味なんだけど、飲めば飲むほどわさびの匂いと味が濃くなっていく。

わさびソフト

わさびソフトも食べてきた。
全然辛くなくて驚き(゜゜)

わさびジュース

わさびジュースもあるぜよ。
マリモのようなわさびの塊が入っていて、これを溶かしながら飲むのだが、これが結構辛い。
いろんなわさびグルメを食してきたけど、辛さ的にはこれが一番キツかった。
ここだけの話、わさびの塊を溶かさずに飲むと、ただのレモンスカッシュだったりする(^^;)

チョコ団子?

あと、わさび関係無いけど、こんなチョコ団子もあった(名前は忘れてしまいました…)。
外はチョコでパリパリ、中は白いモチモチの団子。
御口直しに丁度いい(^~^)

レストラン大王

わさび丼

勿論、わさび丼も食べてきました(^0^)
美味い!!本わさびは、茎まで根こそぎ食い尽くせた(●^o^●)

裏道?

帰りは、このポプラ並木を渡り、入口に戻る。
土産コーナーで大王の生わさびを買おうとしたら、到着した頃には完売して買えなかった(後で話を聞くと、凶作で在庫も殆ど無かったらしい)。
「入荷したら、家まで届けます」と言われたので、お取り寄せ申請して大王わさび農場を撤収。

大王わさび

一週間後、取り寄せしていた大王産の生わさびが届いたので、家ですりおろして食べました。

いやはや、交通機関や観光地(これがまた多い!)の営業時間を考慮すると、長野は一日じゃ全然足りません。
休み取れるのならもっと取りたかった……今度長野に行く機会があれば、松本や軽井沢にも行ってみたいです。