AL Notes

百万石だけじゃない、文豪バスツアー

訪問:2017.1

DMMのネトゲ「文豪とアルケミスト」が面白いので、石川県金沢市に行って参りました。

文豪とアルケミストには、金沢三文豪と呼ばれる室生犀星、泉鏡花、徳田秋声が登場。
それぞれの文豪記念館が、金沢市内にあり、北陸鉄道の「城下まち 金沢周遊バス」で回れるのです。
「金沢市文化施設共通観覧券」もあるとお得。三文豪の各記念館で購入可能。

室生犀星記念館

城下まち 金沢周遊バスに乗って、片町で下車、徒歩10分位の所に在り。
バス停からの道のりでは、途中、犀川と雨宝院に出くわしました(後述)。

室生犀星記念館

記念館の中は、犀星の飼い猫の歴史や犀星が今迄ペットに付けてきた名前の一覧表、愛用していたセミの抜け殻専用の引き出しなど、ユニークな展示物がありました。
生物がかなり好きだったようです。

また、犀星が義理の姉に宛てたハガキも展示されていて、カボチャの事について書いたのに、 挿絵が斑点模様のタマネギなのには、思わず失笑しまいました(^^;)

犀星について、「性に目覚める頃」の作者で不遇な子供時代を過ごしたことくらいしか知らなかったのですが、 犀星の明るい一面に関する展示が多かったので、この記念館に来てからイメージ変わりました。

犀川

犀星が、自らを「犀星」と名乗る由来となった川。

犀川

犀川大橋

この川の上には、「犀川大橋」が架かっていて、道路になっていた。

雨宝院

犀星が子供の頃、養子に出され住んでいた真言宗の寺。

雨宝院

雨宝院看板

「性に目覚める頃」紹介

ここで、犀星の小説「性に目覚める頃」が生まれたそうな。
この小説、子供の頃に児童向けに漫画化したものを読んだことあるけど、 犀星の自伝的小説と知った時は、驚きだった(゜゜)。
あと、犀星の義理の姉を、嫁に連れていく為に迎えに来た婚約者の男性の顔が、 ヤクザ映画全盛期の東映俳優みたいに描かれていたのも何気に印象に残っている。
実際どういう顔の人だったのかは分からないけど、 義理の姉が奪われるように感じた犀星にとっては、少なくともいい人には見えなかったのだろうな。

心のポシェット

にしても、入口のお地蔵さん達のポシェットが謎過ぎる…(・・;)?

泉鏡花記念館

城下まち 金沢周遊バスに乗って、橋場町(金城楼前)で下車、徒歩約5~8分位の所に在り。

泉鏡花記念館

泉鏡花記念館

唯一撮影可能な展示

館内は、このキャラのみ撮影可能でした。

行った当日は、鏡花のウサギグッズコレクションの展示特集がされてました。
中でも鏡花は、真っ白なウサギが一番気に入りだったようです。

また、館内の職員の方から、鏡花に関するこんな話も聞きました。
鏡花は生前、生活の困窮が理由で兼六園にあった深い堀を見て、自殺を考えていた事があったそうです。
そんな中、鏡花は、師匠の尾崎紅葉に手紙を書きました。
内容は、登場人物が全員死ぬという小説。
数日後、紅葉から、返事が届いていたので中を開けてみると、「多くの人が亡くなる作品を書くという事は、お前自身が死を考えているからだ」と書かれていました。
以来、鏡花は自分のやましい考えを紅葉に見透かされていると感じ、もう少し生きてみようと思ったのだとか。
当日、その時の紅葉から貰った手紙も展示されていました。
さすが師匠だな…と、文アルの中性的な紅葉を浮かべていると、実際の紅葉はそんなキャラではなく、気性の荒い江戸っ子だったらしいです。

徳田秋声記念館

アクセスは泉鏡花記念館と同じだが、バス停からは多少の距離あり。

徳田秋声記念館

記念館で秋声の生い立ち年表を読んできましたが、人から自分の小説が認められるまで、「ひねくれていて自虐的な性格」とあった事から、 ゲーム上のキャラとそんなに変わらないのかな…なんて思ったりもしたけど、実際はどうだったのだろう。
他に、秋声の代表作に登場する5大ヒロインを紹介するコーナーや、秋声全集ができるまで(秋声は作品が多過ぎて出版社泣かせだった)、出版各社の失敗と成功の歴史を記載したパネル、 菊池寛賞を受賞した時に貰ったオメガ時計などが展示されていた。

郷里金沢

また、秋声記念館では、この本が購入できる。
中身は、秋声の出生地金沢や泉鏡花、美人に対するイメージについて書かれていました。
金沢については、「小京都」と呼ばれる事に抵抗を感じていたり、金沢市民や泉鏡花の事をあまり快く思っていないように感じ取れました。
美人については、「見た目はスレンダーだが、肉付きのあるふっくらとした体格を持ち、色白で胸があり、大きく潤んだ瞳で、黒いひさし髪である事」、 「キャラは、無口過ぎても喋り過ぎでもなく、天才でも馬鹿でもない。また、女らしく、男の機嫌が取れ、全てのことに気が利ける。それでいて、どこか少し癖がある。」 等と書いており、二次元の美少女キャラにいそうだなと思ってしまいました(^^;)
「美人を書かせたら右に出る者はいない作家」と、生前評された事もあるだけに、イメージいろいろと厳し過ぎです。

石川四高記念文化交流館

城下まち 金沢周遊バスに乗って、香林坊(アトリオ前)で下車してすぐ。
館内の「石川近代文学館」で金沢三文豪と三文豪以外の作家に関する展示会がやってました。

石川四高記念文化交流館

入場の際は、金沢市文化施設共通観覧券は割引チケット扱いで、別途入場料が必要です。
ついでなんで、三文豪の記念館の後に行ってきました。
文豪とアルケミストにも出ている中野重治の直筆原稿が展示されていて、確かに凄い字でした。
余談:ゲームには登場しない作家ですが、濱口國雄という詩人の「便所掃除」という詩が展示されていて、猛烈に生々しかったです。
ある一定の趣味の人以外は、閲覧注意。

それでは、楽しい文豪ライフを(^O^)/