AL Notes

車で行く福井県内ぶらり旅

訪問:2017.5

福井県へドライブ(o|o)!!

けんぞう蕎麦

けんぞう蕎麦

上志比ICを通り抜けて行ってきました。
開店一時間前から、店の外には大勢の人と車(殆ど関西ナンバー)だらけ。
福井県のそば屋の中では、かなり人気店なのだとか。

けんぞう蕎麦

取り敢えず、十合蕎麦を注文。
ここのそばは、何と言っても太麺で食感がグミよりも硬いのが特徴。
以前文豪飯ネタで紹介した尾張屋のそばとは、真逆の仕様です。
辛めの大根おろしと一緒に食す。なかなかパンチのあるそばでした(●^o^●)

永平寺

永平寺入口

祈祷

永平寺

やはり、最後の祈祷画像ブレまくってたか;
いろいろ調節してこれが今の限界です。お許しをm(_;)m
けんぞう蕎麦から大佛寺山方面にある道元が建てた曹洞宗のお寺「永平寺」にも行ってきました。
ここもかなり混んでました。さすがGW;駐車場も争奪戦。
修行僧さえ撮らなければカメラOKとの事で、お寺の気になる所を撮ってきました。

天井絵

天井絵一覧

多くの絵が貼られた天井。
絵は、全部で2300種類。

ゴミ箱

護美箱…(・・;)
ゴミ箱ってこんな字書くなんて…夜露死苦って平気で書く輩には見習ってほしいですね(意味不)。
永平寺の廊下には、護美箱が何か所か設置されていた。どうりで廊下きれいな訳だ。

廊下

あと、この廊下、文アルの制服入手イベントを思い出すのは気のせいかな……?

丸岡城

撮影コーナー

越前丸岡城

戦国武将、柴田勝家の甥の勝豊(どっちもプロレスラーみたいな名前だ^^;)が建てた城。
残念ながら写真は撮ってこれなかったけど、この城の中の階段がとにかくツルツルしてて45度も無い急な傾斜で、 ○ツコデラックス体型の男性が自分の上から降りてくるから、下りがとにかく怖かった。
危険な階段は、城内に敵が入り辛くする為にわざと作ったらしい。
勝豊達はこれを日常的に上り下りしてたのか…昔の人の身体能力って凄い('_')

丸岡城頂上

↑丸岡城頂上の風景。

コシヒカリソフト

大野城の近くでは、コシヒカリソフトクリームが売られていました。
福井県は、コシヒカリ発祥の地ということで、それにあやかってます。
……微妙に米の甘さがあるような、そうでないような…コシヒカリらしさがあるのかもしれないけど、 味覚がおかしいと周りからよく言われる管理人には、「美味い」ということしか分かりませんでした;

大野城

大野城

別名「天空の城」。
と呼ばれているだけに、城の入口行きの階段がとにかく長い長い。
行けども行けども階段で、階段の途中には疲れて座り込んでしまっている観光客も結構いた。
話によると、これも敵が城の中へ攻めにくくするために敢えて長い階段にしたとの事。
戦国の人々の建築へのこだわりには恐れ入ります(´`)
城の中は、資料館になっていて、大野城歴代の主の遺品が展示されていました。

大野城

↑大野城頂上。
戦国の人は高い所が好きですね…これも恐らく敵の侵入防止の為とかなんだろうな。

大師山清大寺

五重塔から見た清大寺

大師山清大寺

福井県勝山市にある臨済宗のお寺。
設立されたのが、ナント1987年バブル真っ只中の頃。
お寺にしては歴史が長くないせいか、管理人が行った時は、お客が10人もいない超ガラガラの穴場観光でした。

越前大仏

このお寺の目玉は何と言っても、ブロック形のシャチホコが付いた大仏殿の中にある越前大仏。
出世大仏とも言われ、出世を目指す人が拝みにくることもあったらしい。

大仏殿の壁

越前大仏がある本殿の壁にもこんなに大仏が…大仏じゃないけど、前回も長谷寺で似たような景色に遭遇したな(^^;)

ヨーロッパ軒入口

カツ丼セット

ヨーロッパ軒大和田分店

本店は、福井県敦賀市にあるらしいが、たまたまこの店を車で通りかかったので、ここで夕食。
福井県内では有名みたいだけど、ここに来るまで全く知らなかった。
いやはや、食べやすいソースカツ(^~^)

仏教ネタが連続で続いてしまったので、次回は現代的なネタを拾ってきます(^0^)ノ