AL Notes

紅葉・逍遙を称える地

訪問:2017.11

静岡県熱海市にやって来ました。
ここは、文アルに登場する尾崎紅葉と坪内逍遙ゆかりの地。
二方とも地元出身者でないにもかかわらず、ここでは名誉市民的な扱いです。
まずは、紅葉の地から見ていきましょう。

熱海サンビーチ

紅葉の代表作「金色夜叉」の舞台となった所。
どこか日本離れしていて、静岡である事を忘れてしまいそう。

熱海サンビーチの空

熱海サンビーチ

熱海サンビーチ

熱海サンビーチの夜景

ここには…

お宮の松

「お宮の松」という、金色夜叉のヒロイン「お宮」の名が入った松と…

お宮と寛一の像

「お宮と寛一の像」という像があることで有名(顔が分かり辛くてごめんなさい…;)。
「寛一」は、金色夜叉の主人公。
このシーンは、寛一が、お宮が自分以外の男と婚約する事を知り、腹いせにお宮を蹴っているところなんだそうです。
有名なシーンとは言え、他のポーズにしようという案は設立前に出なかったのかな……;

紅葉生誕150周年の旗

生誕150周年、おめでとうございます。
紅葉ゆかりの地を写真に収めてくるフォトラリーもやってました。

紅葉山人の筆塚と句碑

紅葉が「金色夜叉」を執筆し有名になったことにより、熱海の知名度も上がったそうです。
その功績を称える紅葉の句碑と筆塚がこちら。
句碑には、紅葉の作った俳句「暗しとは 柳に浮名 あさみどり」が、本人の直筆通りに彫られています。

紅葉山人の筆塚と句碑

筆塚

句碑

湯宿一番地

旧名「志ほみや旅館」。紅葉が熱海を訪れた際に泊まった宿。
現在では、名前を変え、金色夜叉の主人公とヒロインの名にあやかり「寛一の湯」、「お宮の湯」という混浴風呂もやってます。
…因みに、管理人はここには入ってないです。
ここだけの話、温泉・旅館好きの方々から、覗きの温床と聞いてますので;

湯宿一番地

湯宿一番地

次からは、坪内逍遙の地を公開。
逍遙は、晩年熱海に移住し、熱海市の歌を作ったり、熱海芸妓の舞台の指導を行ったりするなど、 熱海の文化を振興したそうです。

双柿舎

逍遙が、晩年熱海に移り住んだ家。
逍遙自身が設計して作ったことで知られています。
小説・作詞・舞台も携わり、建築の設計にまで手を出していたとは…逍遙は、芸術面において天才的☆

双柿舎

双柿舎

双柿舎

双柿舎

双柿舎

双柿舎

双柿舎のエアコン

逍遙の死後、逍遙ゆかりの大学である早稲田大学の生徒達が、双柿舎に出入りしていたとの事。
その証拠が、このエアコン。確かに、逍遙の時代には無い物。

双柿舎

双柿舎

双柿舎のヒツジ

門番は、逍遙の大好きなヒツジ。

双柿舎のメジロ

家の奥には、メジロがいっぱい。

双柿舎のいわく付き看板

案内員「この看板、間違ってるので参考にしないで下さい。ホントの事は、逍遙にしかわかりませんので」

熱海梅園

逍遙の散歩スポット。
管理人が行った時には、紅葉祭りが行われていました。
意外と奥行が広い所で、迷いやすいかったです。

熱海梅園

紅葉祭り

紅葉祭り

熱海梅園の地図

入口の地図を撮って持ち歩いた方がよさそう。

來宮(きのみや)神社

逍遙も訪れた熱海のパワースポット。
逍遙は、この神社の大楠の上で写真を撮っていたという。

來宮神社

來宮神社

大楠

これが、大楠。

水は一杯1000円

1000円の水

逍遙関係無いけど、ここで水を飲むと1000円払わないといけないなんて………何だか、○越シ○フの水有料騒動を思い出すなァ;

海蔵寺

逍遙の墓がある臨済宗の寺。
永井荷風の「断腸亭日乗」にも登場。

海蔵寺

海蔵寺

海蔵寺

海蔵寺

海蔵寺

海蔵寺

この階段を上ったところに、逍遙の墓があります。
流石に倫理的にアレなので、墓そのものの公開は自粛。

この他に、起雲閣というかつて旅館だった所には、「紅葉の間」と「逍遙の間」という部屋がありました。
続きは、こちら